2016/10/16 10:26

毎日あわただしく仕事や家事、育児に追われていると、
季節の移り変わりに気づかず、
ふと顔を上げれば、
カーテンを閉めた外の見えない窓に向かって
ため息をついていませんか?

「もうこんな時間」
「いつの間にか秋になってた」
「どうりで風が冷たいわけだ」なんて、
ひとり言もちらほら。

ちょっとした息抜きが
スマホからの情報収集や気軽に楽しめるSNSだったりと、
視野が広いのか狭いのか、さて「どっち?」。

あなたが気が付かない間に
秋の色は日いちにちと鮮やかに色濃くなっていますよ。

お休みの日は家の中でのんびりしたい気持ちもわかりますが、
時にはちょっと遠出をして、
「遠くの景色を」眺めに行きませんか?

目が疲れた時に遠くのものを見るのは効果的だと言われていますね。

携帯電話やパソコン、読書などで、
近くの物を見ようと目のピントを合わせる時、
水晶体の中の毛様体筋という組織がぐーんと働きます。
近くを見続けるとこの毛様体筋が働き続けてしまい、
やがて眼精疲労になってしまうのです。

春から夏、そして秋。
そろそろ1年の終わりを告げる「背中」がチラッと見えてきました。

秋は自然界でも生命力の高まる時です。

山は紅葉の色づきとともに、栗やきのこ、果実が実り
海では豊かな秋の味覚が水揚げされる季節です。

おいしいもので栄養をつけて、
普段何気なく酷使してしまっている目を休めるためにも、
秋の行楽にお出かけくださいね。

ゆっくりと遠くの景色を眺めながら
春からずっと頑張ってきた自分に
安らぎのごほうびをあげてください。

きれいな景色をたっぷり楽しんだ後は、
リラックスの仕上げをどうぞ。
昨日と違うハッピーモーニングのために
美睡をチュルンと食べて元気な朝
気持ちのいいスタートを~♪