2018/02/08 11:12

今年の冬は、全国的に厳しい寒波に襲われる日が続いていますね。

普段はめったに雪の降らない地域で大雪になったり、

インフルエンザがAとB同時に流行するなど、

様々なことに気をつけなくてはいけませんね。

例年にない気温の低さは、少なからず身体のストレスになってしまいます。

そこで今日ご紹介したいのは「りんごのジャム作り」♪

野菜の高騰で家計も大ピンチですが、そんな中でりんごの価格は比較的安定していますし、

ジャム用であれば、お買い得なりんごで十分ですよね。

材料はリンゴ1個(300gくらい)に対し、

お砂糖は70~90gの割合でお好みの甘さに。レモン汁大さじ1(ポッカレモンでOK)アップルワイン大さじ1(台所になければ入れなくてもOK)。

①りんごは皮をむいていちょう切りにした後、塩水につけておく。

②鍋に水気を切ったりんご、砂糖とレモン汁とアップルワインを入れて1時間そのまま放置!(笑)ここがポイントです。

③りんごから水分が出ているので、そのまま弱~中火にかけてゆっくりと煮る…

…実は、このりんごの鍋を木べらでゆっくりと回しながらとろみをつけていく工程が

何とも言葉にできないリラックス効果につながるんですよ♪

レンジでチン!で、あっという間ジャムは作れるのですが、

そこをあえて!

あたたかい火の傍で、焦らずのんびりとお鍋の中を回していくことで気持ちがなごむのです。

「おいしくなーれ」

「紅茶に入れて飲むと香りもいいし温まる」

「パンもいいけど、ヨーグルトにのせて食べよう」

「ポークソテーのソースにもなるわ…」などなど、

いろんな食べ方が楽しみになって、自然に笑顔になりますよ♡

できあがったジャムは、煮沸消毒した瓶に入れてくださいね。


寒い冬こそ、心までポカポカになるジャム作りをオススメします。

一日の終わりは、リラックス成分ヒプノカリスがたっぷり入った【美睡】を食べて、

ストレスフリーの朝を迎えておいしいジャムをいただきましょ♪

ヒプノカリスってなぁに?
沖縄伝統島野菜 クワンソウを特殊製法で抽出した休息に良いとされる成分エキスのこと
クワンソウとは沖縄・八重山諸島ではニーブイグサと呼ばれる野菜です。
ニーブイは沖縄・八重山諸島の方言で「眠り」を意味する言葉。
美睡ゼリーは安心安全なお野菜からうまれたサプリメントです。