2015/12/16 09:30

「今年もあと、残りわずか…」

朝、目覚めてから、1枚だけになったカレンダーを眺め、

ラストスパートに奮闘する師走になりました。

 

12月は夜明けが遅く、日暮れが早いこともあって、

何だかあっという間に1日が終わってしまうような

気持ちになってしまいます。

年末ということもあり、今年中に片づけたいことが盛りだくさん。

大急ぎで仕事を終えたあとには、忘年会などの酒席が重なって、

帰宅する頃には、身心ともにグッタリを通り越してバタンキューという夜も…。

 

空気の乾燥と寒さが厳しいこの季節は、

ため込みがちな疲労を少しでもスッキリと整えて、

体調管理をお忘れなく。

カラダの安息にはかかせない休日の過ごし方を見直して、

「どうせ休むなら、しっかりきちんと休む」を心がけてみませんか?

 

休日はカラダの疲れをリセットする絶好の日ですが、

何もしないでゴロ寝ばかりしていては、かえって全身に倦怠感が残ってしまいます。

 

いつもよりゆっくりと目覚めた朝は、

家族みんなでお家の大掃除、好きな音楽をかけながら軽くエクササイズ、

愛犬のお散歩も少し長めにゆっくりと歩いて、まちの様子や風情を楽しむなど、

休日でしか味わえない

ゆるやかな時間をリズムよく過ごしてみてください。

 

夜はぜひ休肝日に。

鶏のつみれやお豆腐、白菜など、

消化のよい具材をたっぷり入れたホットメニューやお鍋がオススメ。

朝から余裕のあるスケジュールでカラダを動かしている方が、

重苦しい疲労感も軽減され、意外とスッキリできたと実感できますよ!

 

きちんと目覚め、きちんと動く。

そして夜は、1日の仕上げに『美睡ゼリー』をチュルンとめしあがれ。

ぐっすり、気持ちいい眠りの準備完了で「おやすみなさい!」。

カラダの健康は心の安心につながってゆきます。